地盤沈下、地盤調査、地盤改良の工事なら千葉の雅重機

地盤の重要性

地盤の重要性

日本の土地の現状

日本の国土は、世界の中でも特に軟弱地盤が多いと言われており、宅地として利用できる自然地盤は決して豊富とはいえません。ところが、人口増加などにともない、軟弱地盤にも人工的に手を加え、宅地として利用されるようになりました。具体的には、造成地や埋立地などですが、その造成地や埋立地などの軟弱地盤に立てられた住宅や建物が沈下するという現象が社会問題となっています。

不同沈下の恐ろしさ

欠陥住宅の相談では、不同沈下地によるものが多くを占めています。不同沈下とは、家を建てた土地が軟弱地盤や埋立地の場合に、地盤が家の重さに耐えられずに不均等に沈下して、四方の沈下量に差が出ることを言います。一度不同沈下を起こすと、その修繕には建物価格と同じくらいの費用がかかるケースもあります。

不動沈下によって起こるトラブル
  • 基礎や外壁に亀裂が入る
  • ドアや建具の開閉が困難になる
  • 下水の排水が悪くなる
めまいや肩こり、自律神経失調症等健康への悪影響・資産価値の低下

地盤調査の必要性

見ただけでは分からない地盤の性状。土質、地下水、地震など様々な要因が複雑に作用して、土は思いがけない挙動を呈します。地盤沈下、地滑り、液状化などあらゆる不足の事態に備えて、地盤情報は知っておかなくてはならない情報です。当社では、地盤の調査から改良工事までを一貫して行っています。