地盤調査、地盤改良工事の雅重機株式会社

工法詳細

地盤改良工法

地盤改良工法は当社独自の工法で、支持杭基礎工法が適用されない場合に用いる工法です。地盤の状態によって、TME工法と表層改良工法を判断または併用します。

TME工法

TME工法

表層改良工法

表層改良工法

TME+表層改良工法

TME+表層改良工法

アスコラムTYPEⅡ(建設技術性能証明工法)

アスコラムTYPEⅡは、セメント系の固化材スラリーを吐出しながら地盤を掘削撹拌することで柱状の地盤改良体を築造する機会撹拌式深層混合処理法です。

本工法では先端のオーガヘッドに加えて、その上部に静止翼とその上下で回転する撹拌翼を装備することで、固化材と地盤土の共回り現象を防止し、安定化した品質の改良体を築造できます。

特徴

1.地盤中に安定したコラム体を形成

掘削ヘッドの先端からセメント系スラリー等の改良材を地盤中に吐出しながら原位置土と機械的に混合撹拌し柱状体を地中に形成する工法です。

アスコラム

2.撹拌土砂の【共回り現象】の解消による均一な混合撹拌

土塊の共回りを防止するための特殊撹拌翼を使用することにより、均質な改良体を築造できる深層混合処理工法です。

アスコラム

3.作業条件に応じた機種選択

従来のアスコラム工法より軽装な機構のため、小型施工機での施工も可能で広範囲の現場状況に対応できます。(宅地等の戸建の現場意にも対応可能)
※8t~80tクラス対応

アスコラム

ULTRA PILE(国土交通大臣認定工法)

ULTRA PILE工法は従来の打ち止め管理(回転トルク・回転当り貫入量等)での確認が難しい時、スライドウェイト計測器付のモンケンを使用することにより確実な支持地盤の確認が行えます。

鋼管の先端部分に半円形の拡翼および六角形の垂直掘削刃を取り付けた回転貫入鋼管杭であり、幅広いニーズに対応する国土交通大臣認定工法です。

特徴

1.環境保全

回転貫入工法は、無残土での杭施工を実現します。産業廃棄物(地盤改良材やセメントミルク等)は一切使用しないことにより、残土を全く発生させません。

2.低コスト

地盤調査に基づき無駄のない杭長、流通の簡素化、無駄な準備作業を省略、また拡翼付先端により杭軸が細径化可能になり、商品と施工のコストを抑えます。

3.省スペース

施工に必要なものは小型杭打機のみ。プラント設備等は不要なため極めて省スペースでの施工が可能です。杭材は小型トラック(2t~4t)で搬入が可能、現場周辺の環境保護にも貢献します。

ウルトラパイル

4.幅広い支持層

砂質地盤、礫質地盤(6≦N値≦50)幅広い支持層の選択ができ、より使いやすい杭工法になりました。

GAIA PILE(国土交通大臣認定工法)

細径鋼管の先端に半円形の拡翼2枚と三角形の掘削刃を取り付けた回転貫入鋼管杭であり、貫入能力・建て込み精度・杭芯ズレの極小性、また拡翼変形がなく幅広いニーズに対応する国土交通大臣認定工法です。

特長

1.環境保全

回転貫入工法は、無残土での杭施工を実現します。産業廃棄物(地盤改良材やセメントミルク等)は一切使用しないことにより、残土を全く発生させません。

2.低コスト

地盤調査に基づき無駄のない杭長、流通の簡素化、無駄な準備作業を省略、また拡翼付先端により杭軸が細径化可能になり、商品と施工のコストを抑えます。

3.省スペース

施工に必要なものは小型杭打機のみ。プラント設備等は不要なため極めて省スペースでの施工が可能です。杭材は小型トラック(2t~4t)で搬入が可能、現場周辺の環境保護にも貢献します。

ガイアパイル

4.幅広い支持層

砂質地盤、礫質地盤(10≦N値≦50)粘土質地盤(3≦N値≦40)幅広い支持層の選択ができ、より使いやすい杭工法になりました。

5.確実な打ち止め管理

独自の打ち止め管理方式により、指標地を地盤調査結果と照合して指標地が所定の範囲に収まっていることを確認して打ち止めします。

ピュアパイル工法

1.ピュアパイル工法は、円錐型掘削ヘッドを装着した掘削ロッドで、地盤を側方に押し広げながら支持深度まで掘削し、セメントミルクと置換することにより杭状柱体を築造します。

2.セメントミルクと地盤を撹拌混合しないため、杭状柱体の品質は土質の影響を受けません。そのため、どのような地盤でも高強度・高品質を安定して発揮します。

3.施工法の原理から地盤を緩めないため、高い鉛直支持力が得られます。

4.腐植土地盤にも施工が出来ます。

5.スパイラルロッドを使用することにより、砂質地盤での掘進性能が向上します。

6.スレートロッドには排土機構がないため、発生残土がほとんどない。

7.設計杭径は20cmと比較的小径であり、従来の柱状改良工法より多数の杭状柱体で建物荷重を分散して支持するため、より安全安心な工法といえます。

8.柱状改良工法よりも、低コストでの施工が可能です。

お問い合わせはこちら