地盤調査、地盤改良工事の雅重機株式会社

地盤改良工事

表層改良工法

地盤改良工事の中で最も一般的で、公共施設や道路工事などにも多く使われている信頼性の高い汎用的な工法です。比較的浅い深度において、地耐力にバラツキのある地盤や軟弱層が比較的薄い地盤などに効果的な対処方法で、地盤強度の増強と均質化を目的とします。建築予定地の土を掘り起こし、セメント系の固化材を混ぜ強固な地盤にしますが、固化材による近隣および植物、芝生などへの影響はありません。

  • 1.土の掘削および固化材の混合、攪拌
    Sample
  • 2.埋め戻し
    Sample
  •  
  • 3.締め固め
    Sample
  • 4.完成
    Sample
  •  

鋼管工法

地盤条件の制約が少なく、土質の制約を受けない工法で、鋼管もしくはコンクリート製の杭を、家の基礎部分に沿って建て込み、地中に支持体を作ります。振動や騒音が小さく小型の機械で施工できるため、住宅街などにも適した工法です。

  • 1.機械に取り付けられた鋼管を地面と垂直に立てます。
    Sample
  • 2.機械の重さを利用しながら、モーターにより鋼管を回転させ、設計深度まで鋼管を到達させます。
    Sample
  •  
  • 3.基礎どおりに鋼管を打設します。
    Sample
  • 4.完成
    Sample
  •  

柱状改良工法

家の基礎部に沿って地面を筒状に掘削し、そこにセメント系固化材溶液(スラリー)を流し込み、地中に柱状の支持体を作ります。騒音と振動が小さく残土の少ない工法で、中深度改良に適しています。地盤条件の制約を受けにくいため、ほとんどの地盤で工事ができます。

  • 1.所定の深度まで地盤をスラリーと共に攪拌混合します。
    Sample
  • 2.スラリーを注入しながら攪拌混合を繰り返します。
    Sample
  •  
  • 3.基礎どおりに杭打設します。
    Sample
  • 4.完成
    Sample
  •  

ピュアパイル工法(PP工法)

ピュアパイル工法はセメントミルクを地中でそのまま抗状に固化させるため、地盤種別によらず、高品質で高支持力を発揮する安心確実の戸建て住宅用の抗状地盤補強工法です。

当社では、国土交通大臣認定工法を始め、さまざまな地盤の状態に適応した工法で工事を行っています。詳しい工法に関しては次のページをご覧ください。

工法詳細